Human Rights Partner ~あなたに笑顔と安心を~

アクセス | サイトマップ| WEBからお問い合わせ
 
事務所紹介

ごあいさつ

人と社会に貢献する法律事務所として40年

名古屋第一法律事務所は,1968年(昭和43年),5人の弁護士により設立されました。

当時は高度成長の真っ只中で,大規模な労働事件や公害事件,公安事件が多発していました。

このような状況に対処すべく,「労働者の権利を擁護するため,闘う弁護士が結集しなければならない」という決意のもと団結し,『民主的合同事務所』の旗印を掲げて出発したのです。

以後,多くの所員を迎え,東海地方のみならず全国の弁護士とも協同して,労働事件や公害事件,行政事件,刑事事件をはじめとする多くの社会問題に関わり,市民や社会的弱者の側に立って大資本や権力と闘ってきました。そして多くの成果を上げてきました。

2013年には創立45年を迎え、弁護士30名、事務局28名 (2017年1月現在)を擁する中部地区最大規模の法律事務所にまで発展しました。

不況下の現在,労働者の権利保護の重要性が増したのは言うまでもありませんが,社会構造,産業構造の急激な変化により,貧困,高齢者・障害者の福祉,消費者被害,外国人,子どもの人権など様々な社会問題が生じています。

名古屋第一法律事務所はこれからも,45年の伝統と設立当時の志を貫いて,憲法の理念と社会正義の実現のために果敢に取り組み,人と社会に貢献する事務所であり続けたいと考えています。また,どのような分野の依頼にも応えられるよう豊かな個性を活かし,その個性を結びつけるたくましい事務所でありたいと考えています。