Human Rights Partner ~あなたに笑顔と安心を~

アクセス | サイトマップ| WEBからお問い合わせ
 
法律相談案内

女性の権利

女性弁護士、スタッフが、貴女の悩みに真摯に対応します

就職、結婚、家事、出産・育児、昇進、夫婦関係、家族関係、介護、相続・・・。
私たち女性は、人生の節目ごとに、決断を迫られたり、悩んだりすることが多いものです。
そんな悩みごとに一人で向き合って、苦しんでおられませんか。
名古屋第一法律事務所には、30代から70代まで各世代の女性弁護士がおり、その数は西日本でも最大級です。
そして、各人が、労働、消費者、高齢者・障害者、離婚、家族間の法律問題、子どもの人権、外国人の人権などの各人権問題に、事務所の内外で精力的に取り組んでいます。


Q 離婚以外の問題も相談にのってもらえますか?

A もちろんです。ご相談の種類は問いません。金銭問題、労働問題、消費者問題、相続問題、交通事故、刑事事件など、幅広い分野に経験のある女性弁護士が相談をお受けします。
取り扱い分野

■民事事件
労働、消費者被害、不動産紛争(明渡し、取引等)、交通事故(被害者側)、債権回収、損害賠償請求、各種紛争処理

■倒産事件
破産(個人・法人)、民事再生(個人・法人)、任意整理等

■家事事件
相続問題、遺言作成、遺産分割、離婚、親子関係不存在等

■行政
外国人の在留問題



Q 平日の昼間の時間帯しか自由にならないのですが。

A 名古屋第一法律事務所では、平日の午後の時間帯に法律相談をお受けしています(要予約)。
平日 午後1時~5時(受付は4時30分まで)
女性弁護士を希望される場合には、予約の際、スタッフにその旨をお伝え下さい。
予約電話052-211-2236(受付時間午前9時~午後6時)



Q 平日の昼間は仕事や家事で忙しくて、行くことができません。

A 名古屋第一法律事務所では、以下の時間帯でも法律相談をお受けしています(要予約)。
平日夜6時~8時
土曜日10時~12時
女性弁護士を希望される場合には、予約の際、スタッフにその旨をお伝え下さい。
予約電話052-211-2236(受付時間午前9時~午後6時)
※なお、上記時間以外でも、対応させていただきますので、まずはご連絡下さい。



Q 面談に行こうと思っても、子どもを預けるところがないんですが。

A 赤ちゃんや小さなお子さんがいらっしゃる方は、お子さんをお連れいただいてもかまいません。
相談室にも連れてお入りいただけます。託児ルームはありませんが、おむつ替えや授乳のためには、個室を用意するなどできるかぎり配慮させていただきます。
受付スタッフには女性もおりますので、ご不安な点は何でもおたずね下さい。



Q 家族や会社に知られずに処理してもらえますか?

A はい。依頼者の方へのご連絡方法については細心の注意を払っております。ご連絡方法や連絡可能時間帯などはお気軽にご相談下さい。
ご自宅へ郵便を送付する必要がある場合でも、ご希望であれば、無地の封筒に女性弁護士の個人名でお送りするなど配慮いたします。

052-211-2236受付時間:平日午前9時~午後6時