Human Rights Partner ~あなたに笑顔と安心を~

アクセス | サイトマップ| WEBからお問い合わせ
 
法律相談案内

相続遺言

ご相続に関しお困りの方々へ


・相続人間に争いはないけれど忙しくて煩雑な手続きを行えない方
・相続人どうしが遠方に住んでいたり、大勢であるので、話し合うことができない方
・事情があって相続人間で話し合いをすることに気が進まない方
・相続人間の話し合いがまとまらない方
・遺言状を保管していらっしゃるけれど、どういうふうに話し合いや手続きを行えばよいかわからない方
・遺言状は遺言者の意思で作成されたものではないと考えていらっしゃる方
・遺言状で相続分がないとされているが、遺留分減殺請求をしたいと考えていらっしゃる方
・亡くなられた方のご商売を手伝ってきたので、その貢献に考慮した相続分を望まれる方
・亡くなられた方の介護を長年行ってきたので、その貢献に考慮した相続分を望まれる方
・相続人のうち行方不明の方がいらっしゃる方
・相続人のうち認知症やご病気などで意思表明ができない方がいらっしゃる方
それぞれ事情はおありだと思います。
そんなときは、ぜひ弁護士にご相談ください。

遺産分割協議について

 弁護士に依頼された場合,弁護士は相続人の調査や財産関係の調査を行います。負債が多くて相続放棄した方がよい場合もあり得ます。また、調査によって、今まで知られていなかった相続人の存在が判明することもあります。
 そのうえで、あなたからよくご要望をお伺いし、法律的なアドバイスを行い、できるかぎりご要望にそうよう、相続人の皆様へ遺産分割協議案のご説明やご提案を行わせて頂きます。
 相続人の皆様のご了解がえられましたら、不動産の登記の移転や売却手続き、預金などの解約など財産の換価手続きを行い、協議結果に基づいた遺産を分配するなど煩雑な手続きの一切を代行させて頂きます。

話し合いがまとまらない場合には

 話し合いがまとまらない場合には、遺産分割調停を申し立て、家庭裁判所の場で、話し合いを行うことも考えられます。その場合には弁護士はあなたと共に調停に赴いたり、あなたを代理して調停に出席し、書面での主張や法的アドバイスを行いますと共に、関係者を説得させて頂きます。
 それでも話し合いがまとまらなければ、審判手続きを求めることも必要になってくるかもしれません。
 いずれにせよ、できます限りあなたのご要望にそう形で、スムーズに解決が図れるように努力させて頂きます。
 また、相続人どうしはお身内ですので、今後のためにも、良好な関係を保てるよう、もしくは必要以上に対立関係を持たないよう、配慮させて頂きたいと考えています。

遺言状の作成について

 ある特定の相続人に有利な相続をさせたい方
 相続人以外の方にも相続をさせたい方
 相続人の方々の争いを予防するためにも、手続きの煩瑣を防ぐ上でも、遺言状を作成しておくと、大変役立つことがあります。
 遺言状の作成について、ご要望を踏まえ、法的なアドバイスはもちろん、これまでいろいろな紛争を経験してまいりました法律家の立場から、相続人の方々の将来の紛争を予防する上でも、様々な面からアドバイスをさせて頂きます。
 ぜひ一度ご相談ください。

052-211-2236受付時間:平日午前9時~午後6時