Human Rights Partner ~あなたに笑顔と安心を~

アクセス | サイトマップ| WEBからお問い合わせ
 
弁護士紹介

稲垣 仁史(いながき ひとし)弁護士

入所年月:
1999年4月(第51期司法修習終了)
略歴:
昭和39年4月生まれ
愛知県立西尾高校
京都産業大学法学部
出身地:
愛知県西尾市
趣味:
音楽を聴くこと、奏でること、歌うことが大好きで、ジャンルもジャズ、クラシック、ポップス、J-popから演歌、浪曲、民謡、民俗音楽まで幅広く好みます
所属団体・委員会:
愛知県弁護士会ホームページ管理運営委員会、人権擁護委員会、公害対策環境保全委員会、中部弁護士会連合会ホームページ管理運営委員会、東海労働弁護団(幹事)、日本環境法律家連盟(名古屋事務局員)、自由法曹団、青年法律家協会、全国倒産処理弁護士ネットワーク、名張毒ブドウ酒事件弁護団
主な取り扱い分野:
労働事件、債務整理、相続問題、離婚・親族関係、消費者被害、境界紛争、環境問題 、IT関連問題、不動産関係(借地借家)、企業法務・商取引 その他民事・商事一般、 刑事事件、少年事件
弁護士からのメッセージ

昭和39年4月生まれの牡牛座、B型です。星座や血液型別の性格分類に科学的な根拠があるのかどうかわかりませんが、牡牛座タイプ・B型タイプとして一般に言われている性格は、かなり当てはまるのではないかと自分では思っています。
平成11年に弁護士登録をしました。一般民事事件を中心に、縁あってお引受けすることになった各事件につき全力で対応させていただいています。
特に関心がある分野としては、まず学生時代から環境問題をとても憂慮してきました。弁護士になってすぐに「日本環境法律家連盟」というネットワークに参加し、同連盟の事務局員の1人となりながら、法律家として環境問題にどう取り組めるかにつき日々模索しています。
また、冤罪の問題にも学生の頃から関心があり、「名張毒ブドウ酒事件」の再審を求める弁護団にも参加しています。ただしこの事件は一刻も早く冤罪を晴らして弁護団の役目を終わらせなければなりません。
パソコンいじりも好きで、事務所の中では所員がパソコンで困ったときなどのちょっとした「便利屋さん」を自負しています。ITに関する知識や技術をもっと身につけて、業務に活かしていきたいと思っています。
依頼者の方が抱えてみえた様々なトラブルを何とかうまく解決でき、「おかげで安心できるようになった」と安堵の表情で言っていただけたようなときは、本当に弁護士冥利に尽きる瞬間です。今後もたくさんの「安堵」のお声を頂戴できるよう精一杯頑張りたいと思います。